チャンピオンズカップ 2018 消した馬の評価

パヴェル。






外国馬っていうのはですね。






全くわからないんですよ。





来たらしょうがない。






そんな感じです。






サンライズノヴァ。







基本後ろからの馬は買いたく無いのです。







ゲートが悪い馬ですからね。







一昨年のチャンピオンズカップを観てもらえれば分かると思うが、







サウンドトゥルーとカフジテイクで、進路の差が明暗を分けている。










でもサウンドトゥルーがあのようにうまく捌いてやって来れたあの騎乗は







毎回毎回出来ることじゃ無い。







去年は見せ場なく沈没。






だから基本は前に行く馬を買うのがセオリーなのだ。





同じ理由でノンコノユメも消し。








同じくウェスタールンドも消し。






しかしこの馬は本当に迷った。






前走は完全に不完全燃焼。






乗り方次第...だとは思うのだが







やはりテンで置いていかれる展開が濃厚であることから、






消しで。





オメガパフュームは白三角くらいつけても良かったかもしれない。







ただ乗り替わりがあまりプラスでは無い事と、







シリウスSではサンライズソアと4.5キロ差あった斤量が、







今回は1キロ差。






その辺ですよね。












この記事へのコメント