ユニコーンS 2019 プレ予想!

飛躍を誓う3歳たちの戦いですね。






まあ今年の世代もかなり強いんじゃないですかね。






楽しみですな。





そういや、昨日は関東オークスで負けました…





ローザノワール、結構入れ込んでいて、発汗もありましたね。





やっぱり若い馬で、初めての環境とかとなると、





なかなか難しいものがあるのかもしれませんね。







ということで、やはり今回も馬券的には難しいかも。






少額に抑え、馬たちの走りを楽しめばいいかな。





ではいきましょう。






一番人気はデュープロセスですかな。





やはり強かったのは2走前。








後方一気でしたからね。





前走にしても、力でねじ伏せるような、





力の違いで勝利しましたみたいな。





いかにも東京コースが合っているといった印象。





力量は上位でしょう。





スムーズに競馬が出来れば、まず馬券内は堅いかもしれない。





その前走でデュープロセスに食い下がったのがデアフルーグ。






もうなんだか名前からして大物感タップリですよね(*´ω`)





前走は負けたとは言え、





デュープロセスとの勝負付けは済んだとは言えまい。





どちらかというと、まだデアフルーグのほうを上にとりたい。





前走は後方から直線で窮屈なインを突いてきての2着。





負けて強しとも言えるかもしれないが、そうでもないかもしれない。





この馬はポジションをとりにいくと良くないのか、いつも位置取りは良くない。








デビューから3戦はどれも後方から捲っていって、






力でねじ伏せるといった内容。





あまり器用な馬ではないのだろう。






現状、この戦法が合っているのかもしれない。





前走はたまたま内が空いて、伸びてこれたが、





いつもそう上手くはいかない。






東京のダートのマイルは直線が長いとは言え、





差し、追い込みが有利かと言えば、実際そうでもない。






勝つにはやはりある程度の位置取りが求められる。







東京コースで捲っていこうとすればロスが大きく、






今回は相手もそれなりに揃っているからね。





ただ、左回りや、東京コースが半信半疑だったため、





前走で経験できたのは大きな収穫。





真ん中から外くらいの枠を引ければ良いが、







内枠だと厳しい戦いになりそう。








人気になることも考え、






この馬の取捨は慎重に考えたほうが良さそうだ。







今回はここまで。





あ、それと昨日のレースについてちょっとだけ愚痴らせてください。






いや、愚痴ではないんだけどね。





武藤君!  逃げるなら教えてくれ!





なんのことか分からない人は、関東オークスの予想の記事をみてほしい。





あのレースはどの馬が逃げるのか。それが焦点であった。





逃げてくれる可能性の高い、ローザノワールを選んだのだが…





結果は御存じの通り。





まあいいや。





とにかく、また頑張ります(>_<)






_(._.)_






この記事へのコメント